会社の歴史

ペリエ社の創立者ルネ・ペリエは、1962年レモネードメーカーのために最初の機械を製造しました。ボトルのボディをつかんで、回転させて撹拌し、瓶の中のレモネードを均質化するための機械でした。同社はシャンパンメーカーからも絶大な信頼を得、今日でもシャンパンはペリエ社の得意とする分野の一つであり、重要な取引先です。

ペリエは1968年頃から、毎分1000本から12万本までのボトル洗浄が可能なリンサーメーカーとして名をはせるようになりました。ガラス瓶並びに樹脂ボトルの増加により、1960年代から、新しい機械であるネックグリップのリンサーとエアブロワーを開発しました。こうしてペリエはボトル洗浄のスペシャリストとなったのです。

創立以来50年がたち、現在ペリエは2代目のフィリップ・ペリエが社長です。彼はボトリングメーカーの様々な進歩を予想し、多様なアプリケーションの開発に取り組み、顧客からの信用を得てきました。
そのおかげで現在ペリエは以下の多様な分野で活躍しています。

  • ワイン・スピリッツ
  • ミネラルウォーター
  • ソフトドリンク
  • ビール
  • シャンパン及びシャンパン方式スパークリングワイン
  • 食品、薬品、化粧品、化学品

カギとなる数字
  • 総機械数:3500台
  • 5大陸に設置
  • 年間生産台数:80台
  • 従業員数:150名

研究開発

ペリエの真価はイノベーションと適応力にあるので、企業戦略の中で研究開発は不可欠です。その目的は市場の要望に応えるため、従来製品の改良と新製品の開発、さらに将来の需要を創り出すことにあります。厳しい競争にさらされている環境で、R&Dはペリエ社のテクノロジーの競争力を高め、維持していく大きな原動力となっているのです。


機械設計

ボトリング業界で40年以上の経験を生かし、確固たるノウハウを持ちます。

堅牢性、フィニッシュ、信頼性、パフォーマンスといった機械のクオリティを常に最適化するペリエの絶え間ない努力により、ボトリングラインで最高の生産性を上げられるメーカーの一つであると自負しています。


当サイトを閲覧のお客様に弊社はミネラルウォーターのペリエではないことをお知らせいたします。
Perrier - bottling machines - 3, rue F.-Lafont - BP 51 - F 07160 LE CHEYLARD - TEL : + 33 (0)4 75 29 00 55 - FAX : + 33 (0)4 75 29 38 39 - Legal